暮らしのアイデア

もう外で洗濯物を干す時代は過ぎた⁉室内干しが人気の理由と解説

八千代市・工務店 グラスランチハウスの中村です。

みなさんは、洗濯物をどのように干していますか?

家事のやり方は、ご家庭によって様々です。
例えば・・・洗濯物はいつ洗ういつ干すいつたたむ
洗濯物を洗ったら、日光にあてて外干し?それとも天候に左右されない室内干し?
ここでみなさんの意見が分かれるのではないでしょうか。

最近では、室内干しを求めるお客様、バルコニーを必要としないお客様が多いです。
では。何故室内干しを求める人が増えてきたのでしょうか?

そこで今日は「室内干しが人気の理由と解説」についてお話します。


〈目次〉

1.室内干しのメリット・デメリット
1-1.室内干しのメリット
1-2.室内干しのデメリット

2.外干しのメリット・デメリット
2-1.外干しのメリット
2-2.外干しのデメリット

3.室内干しが人気の3つの理由と解説
3-1.好きなタイミングで干せる
3-2.時短に繋がる
3-3.洗濯物を人目にさらさないですむ

4.まとめ


1.室内干しのメリット・デメリット
[室内干しメリット]
・いつでも好きなタイミングで洗濯物を干せる
・花粉や砂ぼこりがつかない
・洗濯物を人に見られずにすむ

[室内干しデメリット]
・室内に干すスペースが必要になる
・洗濯物から生乾きの臭いがする
・外干しよりも乾きにくい

2.外干しのメリット・デメリット
[外干しメリット]
・風通しがよくて、洋服が乾きやすい
・生乾きの嫌な臭いを防げる
・紫外線で菌の繁殖を抑える

[外干しデメリット]
・天気に影響される
・花粉や砂ぼこりがつく可能性がある
・洗濯物を人目にさらすことになる

室内干しにも外干しにもメリットとデメリットがあります。
自分に合う干し方はどっちか考えてみましょう。


3.室内干しが人気の3つの理由
3-1.好きなタイミングで干せる
室内干しだから、天気に左右されることなく洗濯物を干せます。
例えば、明日までに洗濯しなきゃいけない時に雨が降ってきたりしたら、どうしよう…ってなりますよね。
でも室内干しなら、天気にも左右されないからそんなストレスも感じずに好きなタイミングで洗濯ができます。

3-2.時短に繋がる
外干しの場合は、洗濯機から洗濯物を取り出して外まで運ぶには移動をしなくてはいけません。
まや、外で洗濯物を干している時に、お子さんから呼ばれたりしたら、室内に戻らなきゃいけませんよね。
でも、室内干しなら、その手間を省くことができます。
また、干す場所を洗濯機付近にすれば、大幅な時短にも繋がります。

3-3.洗濯物を人目にさらさないですむ
プライバシーのこともあり、洗濯物を人目にさらすことを気にする方が多いです。
また、外干しをする時は、干し方を考えてしまいますが、室内干しなら、人目にさらされりこともないので、考えずに干すことができます。



4.まとめ
室内干しだと生乾きの嫌な臭いを気にしてる方もいると思いますが、
脱水が終わったら素早く干して、洗濯物の表面積が外気に触れるように干すと良いですよ
(筆者はいつもそうしてます)
ついつい後で干したくなるのですが、そこだけは自分の気持ちに負けないようにしています(笑)
あとは、アーチ状になるように空気の通り道を考えて干すこと。
この2つを心がけるのが個人的にはポイントです。

外干しが悪くて室内干しが良いというわけでもありません。
家づくりの際には、ご自身の生活スタイルに合った干し方を考えてみましょう。




《千葉県八千代市・佐倉市で高気密高断熱の注文住宅といえば工務店のグラスランチハウス》

関連記事