暮らしのアイデア

ニッチの使い道は無限大!3つの上手な使い方


八千代市・工務店 グラスランチハウスの中村です。

みなさんは、ニッチって知っていますか?

ニッチとは、壁厚を利用してつくる棚のことです。
リモコンやスイッチ、インターホンを収めたりインテリアを飾ったりなど、ちょっとした収納として使うこともできます。
おしゃれなインテリアの一部という目的でニッチをつくる方もいるのではないでしょうか。

そこで今日は「ニッチの上手な使い方」を紹介します。


〈目次〉

1.ニッチのメリット・デメリット
1-1.ニッチのメリット
・インテリアをおしゃれに飾れる
・スイッチ類をスッキリと収納できる

1-2.ニッチのデメリット
・つくれる場所が制限されている
・プラスで費用がかかる

2.ニッチの上手な3つの使い方

2-1.スイッチ・リモコン・インターホンをスッキリ収納
2-2.インテリアの飾り棚として
2-3.実用性のある使い方

3.まとめ

1.ニッチのメリット・デメリット
1-1.ニッチのメリット
【インテリアをおしゃれに飾れる】
・ニッチをつくるだけで、フラットな壁面が立体的になっておしゃれになる
Point☝
ニッチの中をアクセントクロスにしたり、差し色を入れたりするとおしゃれ感が増します。

【スイッチ類をスッキリと収納できる】
・壁面にスイッチ類がまとめて何個もありますが、ニッチの中にあれば違和感なく、まとめて配置できます。
これぞまさに、スイッチニッチ(笑)

1-2.ニッチのデメリット
【つくれる場所が制限されている】
・耐力壁になっている壁にニッチはつくれません。
耐力壁をくり抜くと耐震性が落ちてしまうからです。
※耐力壁とは、主体耕造として荷重や外力に対して有効に働く壁のこと

【プラスで費用がかかる】
・建築会社さんにもよりますが、基本的にニッチはオプション扱いとなり費用がかかかる場合があります。
Point☝
家を建てた後にニッチをつくるとなると、新築の時にニッチをつくる費用よりも高くなる場合があります。
ニッチを検討中の場合は、家を建てる時につくるのがオススメ!

2.ニッチの上手な3つの使い方
2-1.スイッチ・リモコン・インターホンをスッキリ収納
照明器具のスイッチや給湯器のリモコンパネル・インターホンなど、壁に設置してありますよね。

スイッチやリモコン・インターホンをニッチの中に収めれば、壁面も広くなってスッキリします。


(全体的に見た時)
ニッチは、壁厚を利用してつくるので、壁に凹凸がなくスッキリと広々します。


2-2.インテリアの飾り棚として
ニッチを飾り棚として活用するケースも多いです。
お気に入りの雑貨や写真などを飾れば、カフェのようなおしゃれな雰囲気の完成です。

ニッチの形状は、正方形や長方形だけでなく上部を三角形にした家の形やアーチ状にもできます。
レイアウト次第で雰囲気も変わるので、飾るインテリアの雰囲気に合わせてデザインを選びましょう。

レストルームにちょっとしたインテリアを飾るためのニッチも◎


階段の壁面をギャラリーっぽくニッチに埋め込んだステンドグラスがおしゃれ


Point☝
階段の壁面にニッチをつくると、ギャラリーのようなカッコいいスペースに仕上がります。



2-3.実用性のある使い方
例えば…今まで携帯を充電する時ってどうしてましたか?
リビングにいる時に充電がなくなった、充電をしながら携帯を使いたいって思ったことありませんか?
そんな時は、キッチンカウンターのところにニッチをつくれば解決!
また、ホットプレートなどを使うときにもニッチの中にコンセントがあれば便利ですよね。

ニッチの中のコンセント


カウンターニッチの全体写真


3.まとめ
いかがでしたか?
他にも洗面台にニッチ棚をつけたり、見せる本棚をつくるのもオススメです。
ニッチにバーを取り付けると落下防止にもなり、下記写真のようにおしゃれに収納できます。







《千葉県八千代市・佐倉市で高気密高断熱の注文住宅といえば工務店のグラスランチハウス》

関連記事