コストパフォーマンスに自信あり

グラスランチハウスで計画した野原さんの「小さな木の家」の実際の建築コストを公開します。30代の両親と子ども2人の4人家族が暮らす大きな吹抜のあるプランです。 室内をできるだけオープンにして、ウッドデッキを通して庭を室内に取り込む計画をしました。吹抜やバルコニーに面した窓からはリビングにたくさんの明かりを取り入れます。夏の日射はバルコニーにかかった庇がしっかりと遮ります。リビングの吹き抜けは明かりを取り入れるだけではなく、2階とのつながりもつくります。グラスランチハウスが描くプランは、家族のつながりを大切にします。家族みんなの気配を感じられる多目的なスペースなど、みんなで共有できるスペースを中心にプランニングをします。材料の仕入れルートの無駄を省くこと、工事管理や現場の納まりをしっかりと計画すること、素材に慣れた熟練の職人さんと仕事をすること。コスト意識をしっかりと持ってプランニングや構造計画をすること。そんなことを考えながら家づくりを計画・実行していきます。それがグラスランチハウスの高いコストパフォーマンスの秘密です。
 
 

 

野原さんの家