グランドスラブ基礎からフェノールフォームのW断熱、そして上棟です。

2017年07月24日

 
グランドスラブ基礎の上に施工されるのはステンレスの給水給湯管
毎日、口にする水道水ですから素材にこだわります。
ステンレス・・・・・これで赤水や嫌なにおいの心配もありませんね。





土台を910mm間隔で組んでいき、床材の下地に構造用合板を施工します。
ピアノだってどこにでも置けますよ。







W断熱
そしてフェノールフォームの断熱材を壁の外側と内側に施工します。
断熱材は、単純に断熱性能の高さと隙間なく施工できるかで素材を選びます。
う~ん 良い建物だな と自画自賛。